ECBのオルドニェス氏:新たな金融不安の可能性を排除できず

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、スペイン銀行(中央銀行)のオルドニェス総裁は、景気 回復の不確実性は「高度」であり、再び金融不安に陥る可能性は排除 できないとの見解を明らかにした。

同総裁は9日、マドリードでの講演で、「市場の正常化を阻害する 新たな国際的な金融不安が生じる潜在的可能性を完全には排除できな い」と述べ、「銀行や貯蓄銀行は、資金調達構造の強化を引き続き検討 すべきだ」と指摘した。