英国債:下落、10年債利回り3.05%-株高と債務危機の懸念緩和

英国債相場は下落。株高に加え、 アイルランドが国債入札を実施したことで欧州債務危機への懸念 が和らぎ、安全とされる国債に対する需要が後退した。

ダブリンに本社を置く証券会社、グラス・セキュリティーズは、 アイルランドの国債入札の結果について、「妥当な水準で予想以上 だった」と指摘した。

10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇し3.05%と、先月19日以来の高水準となった。2 年債利回りは2bp上昇の0.68%。

イングランド銀行(英中央銀行)は9日の金融政策委員会(M PC)で、政策金利を過去最低の0.5%に据え置くとともに、資産 買い取りプログラムの規模を2000億ポンドに維持することを決め た。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想と一致した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE