グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。モルガン・スタンレーが中国の大手銀行株 は上昇するとの見通しを示したほか、クレディ・スイス・グループが 中国農業銀行を買い推奨したことが手掛かりとなった。

投資家は中国の銀行の潜在力を過小評価している可能性があると クレディ・スイスが指摘したことを受け、中国建設銀行(939 HK) が0.9%、中国農業銀行(1288 HK)は3.6%それぞれ上昇。香港 の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が、公 共賃貸用集合住宅の販売件数が過去最高を記録したと報じたことを手 掛かりに不動産株も値上がりした。原油高を好感して資源株も買われ、 海洋油田開発で中国最大の中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は

1.6%上昇した。

米ウォルマート・ストアーズなどに製品を納入するリー・アン ド・ファン(利豊、494 HK)や中国2位の携帯電話サービス会社チ ャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)も上げた。

ハンセン指数は前日比78.41ポイント(0.4%)高の

21167.27で終了。前日はほぼ1カ月ぶりの大幅安だった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は前日比0.5%高の11830.46。

パシフィック・サン・インベストメント・マネジメントのマネジ ングディレクター、アンディ・マンテル氏(香港在勤)は「アジアの 成長は依然として非常に力強い」と述べた上で、「バリュエーション (株価評価)は妥当だ。今後発表される経済指標もそこそこの強さが 示される見通しで、経済活動が落ち込む懸念は比較的小さい」と語っ た。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。2週間ぶりの大幅安となった。不動産価格 の上昇で、中国政府が不動産投機の抑制策を強化するとの懸念が高ま ったほか、当局がゴム先物市場を調査しているとの報道を受けて金属 相場の下げに拍車が掛かった。

万科企業(000002 CH)や中国工商銀行(601398 CH)が不動 産や銀行関連の下げをけん引。中国政府が投機抑制策を一段と強化す る可能性があるとジョーンズ・ラング・ラサールが指摘したことが売 り材料となった。銅生産会社の江西銅業(600362 CH)は3週間ぶ りの大幅下落。監督当局が天然ゴム先物の大口ポジション(持ち高) を調査していると伝えた中国紙・証券時報の報道が響いた。国内石炭 価格が5カ月ぶりの大幅安となる中、石炭最大手の中国神華能源 (601088 CH)は2.1%下げた。中国最大の石油会社、ペトロチャ イナ(中国石油、601857 CH)も安い。

国泰君安証券のストラテジスト、張坤氏(上海在勤)は「不動産 価格の上昇は政府にとって悪い兆候であり、新たな引き締め措置が導 入される可能性は引き続き大きい」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比38.94ポイント(1.4%)安の2656.35 と、先月25日以来の大幅な下げとなった。上海、深セン両証取のA 株に連動するCSI300指数は前日比1.8%安の2926.46。

【インド株式市況】

インド株式市場では、指標のセンセックス30種株価指数が4日 続伸し、2年8カ月ぶりの高値で引けた。祝祭日シーズンを控え、個 人消費急増への期待が高まった。

日用品最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバは9カ月ぶり高値を 付けた。スポーツ型多目的車(SUV)とトラック生産で国内最大手 のマヒンドラ・アンド・マヒンドラは3.2%上げた。10日のイスラ ム教の断食明けの祭りから、インドの祝祭日シーズンは11月まで続 く。10日のインド金融市場は休場。欧州の財政赤字危機への懸念後 退も投資意欲を高めた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比132.95ポイ ント(0.7%)高の18799.66と、2008年1月以来の高値で終了。 前週末比では3.2%高と、3月第1週以降で最大の値上がりとなっ た。

ヒンドゥスタン(HUVR IN)は1.8%高の270.05ルピーと、 昨年11月30日以降の高値で引けた。マヒンドラ(MM IN)の終値 は655.60ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比45.0ポイント(1%)高の4582.2。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比5.14ポイント(0.3%)高の

1784.36。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比15.77ポイント(0.2%)安の7835.54。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比10.86ポイント(0.4%)高の3022.28。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比3.64ポイント (0.3%)高の1437.78。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比2.39ポイント(0.3%)安の921.49。

【インドネシア株式市況】

インドネシア株式市場は14日まで休場。取引は15日に再開さ れる。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比97.83ポイント(2.6%)高の

3902.56。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE