ECBメルシュ氏:流動性措置を「段階的解除」-12月に次の対策決定

欧州中央銀行(ECB)政策委 員会メンバー、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁は、ECBが非 伝統的な流動性措置を段階的に解除し、12月に次の措置について決 定するとの見解を示した。

メルシュ氏は9日にルクセンブルクで、「非伝統的措置を段階 的に解除する決定はすでに承認されている」と述べ、「ECB政策 委の声明から読み取れる理にかなった結論を出すならば、われわれ は流動性措置に関する今年第4四半期についての決断を下した。次 の動きは12月となるだろう」と続けた。

ECBは今月2日、市中銀行への流動性供給措置を2011年に 入ってからも継続することを決めた。ECBは9日公表した月報で、 世界の成長の勢いが「幾分」弱まるとの見方を示した。

メルシュ氏は欧州債務危機に関しては、「改善の初期兆候が見 られるのは前向きなことだが、勝利宣言できる時点にはない」と発 言。国債の「スプレッドが新たに拡大している」が、「スプレッド だけでなく、絶対的な水準に注目するべきだ」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Deen in London at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Christian Vits at +49-69-92041-341 or cvits@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE