ベトナムの透明性を欠く政策、市場の信頼を損なう恐れ-IMF

ベトナム政府当局の透明性を欠く 政策が、市場の信頼を損ねる恐れがあると国際通貨基金(IMF)は 指摘する。

IMFはウェブサイトに掲載した文書で、経済成長目標を掲げな がら、物価上昇と与信やマネーサプライの伸びを抑制するというやり 方は、すべての目標を達成し得るのかと「市場の不信感」を招く可能 性があると主張。「しっかりとした景気回復を維持するには、政府は 複数の目標の中で優先順位を決める必要がある」と指摘した。