総務省:ドコモ陣営を携帯向け次世代放送の事業者に認定-答申受け

総務省は9日、2012年春開始予定の 携帯端末向け次世代放送の事業者として、国内携帯首位NTTドコモ の子会社「マルチメディア放送」を認定したと発表した。諮問機関の 電波監理審議会が8日、もう一方の候補だった同2位KDDIの陣営 よりもドコモ側の事業計画が妥当と答申したことを受けた。

マルチメディア放送の出資構成はドコモが51%と突出し、2位は 伊藤忠商事とスカパーJSATの各10%。民放大手や電通なども出資 している。現在8.4億円の資本金は、総務省の認定を受け100億円に増 やす予定。このほかにリースで設備を調達し、16年度までに計438億 円のインフラ投資を行う計画。開業3年目の単年度黒字化を目指す。