NY原油時間外:上げ幅縮小、74ドル台-需要減で米在庫増加を警戒

ニューヨーク原油先物相場は9日 の時間外取引で上げ幅を縮小した。米国で夏季消費ピークが終了したこ とに伴う需要減少で、同国の在庫が増加するとの見方が広がった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場関係者15人の調査中 央値では、米エネルギー省が9日発表する先週の原油在庫統計では 100万バレルの増加が予想されている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)原油先物10月限はシン ガポール時間午後3時14分(日本時間同4時14分)現在、前日比 14セント高の1バレル=74.81ドルで推移している。一時は60セ ント(0.8%)高の75.27ドルまで上げた。前日の取引では58セン ト高の74.67ドルと、3日ぶりに反発。年初来では5.7%下げてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE