8月の独CPI改定値:前年同月比1.0%上昇-速報値から上方修正

ドイツの8月の消費者物価指数(C PI)改定値は速報値から上方修正された。

ドイツ連邦統計庁が9日発表した8月の同国のCPI改定値は、 欧州連合(EU)基準で前年同月比1.0%上昇と、8月27日に発表 された速報値0.9%上昇を上回った。7月の同1.2%上昇からは伸び が鈍化した。前月比では0.1%上昇と、速報の横ばいからこちらも上 方修正された。

DZ銀行(フランクフルト)のエコノミスト、ミヒャエル・ホル シュタイン氏は「物価圧力は全く見当たらない」と指摘。「国内外の 景気鈍化が価格上昇を抑えるだろう。欧州中央銀行(ECB)に行動 を促す圧力はない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE