全日空:格安航空を香港投資家と設立へ、来年度下期に運航

全日本空輸と香港のファースト・ イースタン投資グループ(FE)は、格安航空(LCC)の新会社を 共同設立する。新会社は2010年末に設立、11年度下期に全日空と別 ブランドで運航開始の予定。拠点は関西国際空港。全日空は中国など のアジアや日本各地を結ぶ路線で新規の格安旅客需要を取り込むほ か、海外LCCの日本参入にも対抗し、競争激化時代の生き残りを図 る。

9日の発表資料によると、新会社の資本金、商号、代表者、本店 などは未定。出資比率は、40%未満で筆頭株主の全日空を含めて国内 投資家66.7%、FEが33.3%。FEの創業者で現会長を務めるのはヴ ィクター・チュー氏。同社は、本拠地の香港以外に、北京、上海、ド バイ、ロンドンに事務所を構え、50以上のグループ会社を有してい る。これまでの投資総額は70億米ドル(約6000億円)を超える実績 がある。

全日空の平子裕志・企画室企画部長は同日、資本金は100億-150 億円からはじめ、国際線は中国や韓国、東南アジアの路線などで運航 し、3-4年目の黒字化を目指すと述べた。その後は事業拡大に向け た資金調達のため、上場も視野に入れる。運賃は既存の航空会社の半 分あたりを目指していると語った。

全日空・アジア戦略室の井上慎一室長は、当初は5機、国内外の 各3-4路線で運航を開始し、5年目からは15-20機に拡大したい と述べた。関空を拠点とするのは、24時間の運用が可能で、発着枠 に余裕があるほか、関西圏の市場規模が大きい上にアジア地域と地理 的にも近いなどと説明した。

新会社は単一機種による単純な折り返しパターンの運航のほか、 シンプルで自動化したサービスの提供などで、低コスト化を進める。 国内線は鉄道・高速バスとの競争を視野に入れ、国際線は既存の航空 会社に対して大幅に安い運賃を設定する。国内航空では初のLCC設 立となる。

LCC参入は防衛的・防波堤の役割も

伊東信一郎社長は同日の定例会見で、LCC参入で「アジアの需 要開拓、訪日需要の開拓にまい進したい」と述べ、海外LCCの日本 参入に対し「防衛的、防波堤となる役割もある」と語った。新会社が 狙う顧客は「小型機で約4時間以内の層」と説明。LCCの実態とし て、運賃が既存航空会社の半分程度、コストで5-7割の水準と指摘 した上で「そういったことを実現させる」と強調した。FE選定の理 由は「中国からの顧客を増やしたいとの思いが合致」したと述べた。

今年秋には首都圏空港の発着枠が拡大し、アジア各国のLCCが 日本へ進出して競争の激化が予想される。全日空はLCCを立ち上げ て対抗する方針を表明していた。LCCは通常に比べ大幅に安い運賃 で運航し、機内食などは有料の選択制になっていることなどが特徴。

チュー氏、B737か同等機種を選定へ

FEの会長である、ヴィクター・チュー氏は9日、ブルームバー グ・ニュースとのインタビューで、初年度は5機の航空機を購入する 可能性があるとし、機種はボーイング737かそれと同等の機種にな るであろうと述べた。また、機種選定については、10月までに決定 する方針を明らかにした。ボーイングのライバルメーカーのエアバス 社のラインナップで737と同等機種はエアバスA320。単一機材 で運航する方針の新会社の機種選定は、事業拡大に伴う追加発注が見 込まれるためメーカー間の売り込みも今後過熱しそうだ。

チュー氏は、FEの会長を務めながら、香港証券取引所の理事、 香港政庁の諮問機関のメンバーにも名を連ねている。また、同氏は世 界経済フォーラム(ダボス会議)の理事であり、同フォーラムに参加 する財界関係者のまとめ役を務めている世界的な財界人でもある。

LCCは台風の目に

経営再建中の日本航空もLCC事業について検討するとすでに 表明している。前原誠司国土交通相は8月の会見で「航空業界はこれ から大競争時代に入る」と述べ、「LCCが台風の目になってくるの は間違いない」との認識を示した。国土交通省は成長戦略会議などで 格安航空の育成方針を打ち出しているほか、前原国交相は成田国際空 港に対してLCC専用ターミナルの整備を急ぐように要請している。

全日空は08年1月にアジア戦略室を新設、成長を続けるアジア 地域の需要取り込みなどのため、LCC事業について検討を重ねてき た。

立花証券の平野憲一執行役員は、全日空のLCC参入について 「そういう動きがあるという話は出ていたのでサプライズではない」 と語った。全日空の株価については「ここ最近、比較的強い動きをし ていた」と述べ、「材料としては織り込み済みで評価されていた。今 後どうなるのか注目したい」とコメントした。全日空株は年初来で 25%上昇し、9日の終値は前日比1.0%高の316円。

--取材協力:Stanley James、岩谷多佳子 Editor:Hideki Asai、Noriko Tsutsumi, Hitoshi Sugimoto

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田潔社 Kiyotaka Matsuda +813-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 東京 Chris Cooper +81-3-3201-7608 ccooper1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Neil Denslow +85-2-2977-6639 ndenslow@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE