NYで過去最大のファッション・ウィーク-経済効果322億円見込む

米ニューヨーク市で開かれるこれ までで最大規模の「ファッション・ウィーク」の経済効果が3億8500 万ドル(約322億円)に上るとの見通しを、マイケル・ブルームバーグ 市長が示した。

半年に1度開催されるファッション・ウィークは9日、リンカーン センターのダムロッシュ・パークで開幕し16日まで続く。ブルームバ ーグ市長は8日の記者会見で、11万5000人以上の観光客を見込んで いると述べた。

ブルックリンの老舗テーラー、マーティン・グリーンフィールドの ダークスーツに身を包んだブルームバーグ市長は米アップルのタブレッ ト型コンピューター「iPad(アイパッド)」を手に、「ファッショ ンはニューヨーク市の将来にとって極めて重要だ」と語った。同市長に よると、観光客の直接的な支出は2億3300万ドルを超えると予想され る。

NY市のファッションや関連小売業界では約17万5000人が雇用 され、同市に年間100億ドルの経済的な貢献を果たしている。同市観光 局によると、観光客の半数が滞在中は主にショッピングを楽しむと答え ている。

主催するIMGファッション・ワールドワイドによると、今回のフ ァッション・ウィークではマンハッタン周辺で325人以上のデザイナー が作品を披露し、これまでで最大規模となる。

観光局のティファニー・タウンセンド氏によると、市内5区の小売 店を支援するイベント「ファッションズ・ナイト・アウト」の一環とし て10日には約1100店舗が午後11時まで開店する予定。昨年は約 800店舗が参加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE