豪中銀デベル総裁補佐:一部の金融市場に依然として「脆弱さ」残る

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)のデベル総裁補佐は、債券市場を中心に一部の金融市場では依然 ボラティリティ(変動性)が危機前の水準に戻っていないと指摘した。

デベル総裁補佐はシドニーで9日開催された金融業界のフォーラ ムで、「依然として高いボラティリティを反映し、一部の市場は若干 脆弱(ぜいじゃく)な状況が続いている」と語った。ただ、為替市場 のボラティリティは危機前の水準に戻ったとしている。準備原稿では 豪中銀の金融政策や国内経済についての言及はなかった。

同総裁補佐は、世界的な金融混乱が始まってからの3年間、オー ストラリアの金融市場は他国に比べ影響が小さかったとした上で、 「しかし、国内債券市場の構造や価格形成には明らかに影響が見られ た」という。

また「あらゆる資産クラスのリスクマージンは、過去1年間で縮 小したが、2007年当時に比べると著しく高水準にとどまっている」 と語った。