豪州の8月の雇用者数は前月比3万900人増加-豪ドル上昇

オーストラリアの8月の雇用者数 は予想を上回る伸びとなり、失業率は5.1%に低下した。外国為替 市場ではこれを受け、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行) が利上げを再開するとの観測が浮上し、豪ドルが値上がりしている。

オーストラリア統計局が9日発表したところによると、雇用者 数は前月比3万900人増加した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト25人の予想中央値は2万5000人増が見込まれていた。失業 率は2009年1月以来の低水準となった。

豪中銀は今週、世界景気減速の兆候を踏まえて政策金利を維持し たが、8月の雇用統計からはオーストラリアにまだ影響が及んでい ないことが示唆された。労働市場の需給ひっ迫を受け、豪中銀が 2011年初めまでには利上げを再開するとの観測が強まりそうだ。

ICAPオーストラリアのシニアエコノミスト、アダム・カー 氏は「RBAは年内に利上げすることは間違いないだろう」と述べ、 「唯一の問題は利上げのタイミングと規模だ」と指摘した。

豪ドルはシドニー時間午後零時39分(日本時間午前11時39 分)現在、1豪ドル=0.9215米ドル。一時は0.9237米ドルと、5 月4日以来の高値を付けた。

8月のフルタイムの雇用は前月比で5万3100人の増加、パート タイムは2万2100人減少した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE