ブラジルのヴァーレ、06年以降で最大規模の起債-約1470億円

鉄鉱石生産で世界最大手、ブラジル のヴァーレは社債17億5000万ドル(約1470億円)を起債した。海 外向けに同社が発行する社債の規模としては2006年以降最大。

事情に詳しい関係者1人がコメントする権限がないとして匿名で 語ったところでは、ヴァーレは10年債を10億ドル、2039年償還債 (表面利率6.875%)を7億5000万ドル起債。発行利回りは米国債 利回りをそれぞれ210ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)、 235bp上回る水準に決まった。39年償還債は当初、5億ドルの規模 を予定していたという。

ブルームバーグのデータによると、今回の起債はヴァーレの国際 投資家向け債券発行としては、10年債と30年債合わせて計37億 5000万ドルを起債した06年11月以来最大。

同社の8日付の当局への届け出によると、クレディ・スイス・グ ループと米JPモルガン・チェースが主幹事を務めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE