IMF:トルコに財政規律に関する法律の「遅滞ない」承認求める

国際通貨基金(IMF)はトルコに 対し、財政赤字抑制に向けた法律を「これ以上遅滞することなく」承 認するよう求めるとともに、実現しなければ国際的な信頼を失うリス クがあると警告した。

トルコ政府は7月、財政赤字を国内総生産(GDP)の1%に抑 えることを目標とする財政ルールを承認する計画を断念した。IMF は同国経済に関する定例調査後の8日付報告書で、7月の決定は「財 政規律への当局の取り組みの信頼性を弱めるリスクがある」と指摘し た。

トルコは3月、IMFとの融資交渉を中断した。エルドアン首相 は7日、同国のNTVテレビで、IMFから「逃れた」トルコに財政 ルールがもたらす「内部のIMF」は必要ないとし、同国は経済3カ 年計画の下で財政規律の実績があると述べた。IMFは、同中期計画 は柔軟性と環境変化への対応性を欠くとして、財政ルールの方が「大 幅に優れている」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE