米エアガス:エアープロダクツの55億ドル買収案を拒否-代替案模索も

米工業用ガス会社のエアガスは、同 業の米エアープロダクツ・アンド・ケミカルズからの55億ドル(約 4620億円)規模の買収提案を拒否した。その上で、来年1月までに エアガス取締役を入れ替える動きを株主が否決すれば、別の買収案な どを模索するとしている。

エアガスの8日の発表資料によると、同社取締役会は前回提案か ら2ドル積み増された1株当たり65.50ドルの敵対的買収案につい て「エアガスを著しく過小評価している」として、これを全会一致で 拒否。エアープロダクツは2月に同60ドルの買収案を公表して以降、 提示額を9.2%引き上げている。

エアープロダクツのジョン・マクグレード最高経営責任者(CE O)はエアガスの株主に対し、15日の年次総会でエアガス取締役9人 のうち、ピーター・マッコースランド会長兼CEO含む3人に代わり エアープロダクツが推す候補3人を選出するよう求め、来年1月に次 回総会を開いて同様の投票を行うよう提案している。

エアガスは株主が1月の総会開催を拒否すれば、6月までに「す べての有効な代替案を探る」としている。