日本株は輸出や資源中心に反発、欧州懸念後退と商品市況高

東京株式相場は3日ぶりに反発。ポ ルトガルの国債入札が順調だったことで、欧州の財政や景気に対する懸 念が和らぎ、自動車や電機など輸出関連、鉄鋼など素材関連株中心に高 くなった。原油や銅など国際商品市況の上昇を好感し、商社や非鉄金属 株も高い。

日経平均株価の終値は前日比73円79銭(0.8%)高の9098円39 銭、TOPIXは5.85ポイント(0.7%)高の826.84。

ニッセイアセットマネジメントの西崎純チーフ・ポートフォリオ・ マネジャーは、「欧州財政問題は一喜一憂しながらも、時間をかけて解 決する方向に向かっている」と指摘。円高で今期増益率は従来予想に比 べて鈍化しそうだが、「固定費削減努力から企業収益改善の流れは変わ らず、日経平均9000円近辺ではPBR(株価純資産倍率)などバリュ エーションが株価を支える」との見方を示した。

きのうの日本株の下落要因だった欧州財務懸念が後退、円高も小康 状態となったことを受け、終日堅調な動きとなった。ポルトガル政府は 8日に国債入札を実施、2021年償還債の応札倍率が2.6倍と前回3月 の1.6倍を上回った。ポーランドが実施した5年債入札では、需要が 08年以来の最高だった。「市場の事前の懸念が大き過ぎた面はある」 と、いちよし投資顧問の秋野充成運用部長は言う。

為替市場では、きのう付けた15年ぶりの円高値1ドル=83円35 銭に比べ、83円台後半での動きとなり急激な円高はやや一服した。欧 州での国債入札での需要改善から域内債務危機が悪化するとの懸念が後 退し、日本政府が為替介入に踏み切るとの観測も材料となった。

商社には投資判断引き上げの材料も

業種別では、きのう大きく下げた輸出関連株のほか商社や非鉄金属 が高くなった。原油や銅、ニッケルなどきのうの海外商品相場が上昇。 さらに大和証券キャピタル・マーケッツでは、株価調整で悪材料は織り 込まれたとし、総合商社の業界判断を「強気」に引き上げた。個別銘柄 でも、格上げした三井物産や三菱商事を中心に商社株は高く、住友金属 鉱山や三菱マテリアルなど非鉄株も上げた。

もっとも、東証1部の売買代金は8月23日以来の1兆円割れとな り、売買は低調だった。丸三証券の牛尾貴投資情報部長は「ポルトガル の入札は良好だったものの、平均落札利回りは上昇しており、手放しで 楽観できる状況にはなっていない。為替は介入をちらつかせても83円 台となお先高観は残ったまま」と嘆く。

東証1部の売買高は概算で13億396万株、売買代金は同9122億円。 値上がり銘柄数は1128、値下がり銘柄数は369。

トレンドMが大幅高、AGHDや不動産安い

個別の材料銘柄では、買収提案を受けていると台湾業界紙の電子時 報が報じたトレンドマイクロが売買を伴って大幅高。三菱UFJモルガ ン・スタンレー証券が今期利益予想を増額し、最上級の投資判断を確認 したスタンレー電気、みずほ証券が目標株価を引き上げたダイハツ工業 も高い。ブリヂストンや住友ゴム工業が上昇するなど、円高一服や天然 ゴム先物の下落期待などが追い風となったゴム製品株は東証1部業種別 上昇率1位。

半面、コスト過多で「株主限定ライヴ」を11年以降取りやめるエ イベックス・グループ・ホールディングス、アルジェリアやドバイで追 加損失発生懸念が出てきている、とJPモルガン証券が指摘した鹿島が 下落。10年9月期の連結営業損益が一転赤字見通しのコナカは東証1 部値下がり率1位となった。三鬼商事が9日発表した東京・千代田区な ど都心5区の8月のオフィス空室率が過去最高を更新したことで、不動 産は午後売られ業種別下落率首位。

新興市場も上昇

新興市場も上昇した。ジャスダック指数の終値は前日比0.02%高 の47.91と3日ぶり反発。東証マザーズ指数は0.6%高の376.91、大証 ヘラクレス指数は1%高の572.90とそれぞれ反発した。

個別の材料銘柄では、大和証券キャピタル・マーケッツが太陽電池 用装置の主要顧客から追加受注の確度が高まったとコメントしたフェロ ーテックが大幅高。発行済み株式数の1.4%にあたる15万株を上限に 自社株買いを行うグッドマンは急騰した。売買代金上位では、FPG、 キャンバス、セラーテムテクノロジーが上げた。

半面、事業戦略の転換から強みを発揮してきたLinux版プラットフ ォーム事業を縮小する方針が示され、同事業の将来性に期待していた向 きから売りが出たACCESSが急落。11年4月期連結純利益予想を 減額したフリービットは6日続落。売買代金上位ではサコス、スタート トゥデイ、免疫生物研究所が下げた。

--取材協力:北中杏奈 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE