仏財務相:バーゼルⅢは成長の妨げになってはならない-トリビューヌ

フランスのラガルド財務相は、現在 交渉が行われている新たな銀行自己資本規制「バーゼルⅢ」について、 経済成長を妨げるほど厳格なものであってはならないとの考えを示し た。仏紙トリビューヌとのインタビューに答えた。

同財務相は「フランスは銀行のバランスシート上の資本の質と量 を強化したい。ただ仏経済の機能は銀行貸し出しに左右されるため、 わたしは慎重でもある」と述べた。

財務相はまた、バーゼルⅢについて「あまねく適用されなければ ならない。米国が適用しなければ、われわれも適用しない」との考え を示した。

--*参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mark Deen at +33-1-5365-5066 or markdeen@bloomberg.net