米消費者信用残:7月は36億ドル減、6カ月連続マイナス

7月の米消費者信用残高は前月 比で減少した。これで6カ月連続の前月比マイナス。米国民は雇用 が伸び悩む中、債務を縮小している。

米連邦準備制度理事会(FRB)が8日発表した7月の消費者 信用残高は、前月比で36億ドル減少した。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミストの予想中央値は47億ドルの減少だっ た。6月は10億ドル減少(速報値は13億ドル減)に修正された。

7月の内訳を見ると、クレジットカードを中心とした回転信用 は44億ドル減少。自動車や移動住宅向けの非回転信用は7億5800 万ドル増えた。非回転信用は3カ月連続で増加した。この統計には 不動産を担保とした借り入れは含まれない。