6-8月英GDPは0.7%増に減速、来夏まで金利維持へ-NIESR

英国立経済社会研究所(NIE SR)は、同国の6-8月期の経済成長率が、4-7月期に比べて鈍 化したことを明らかにした。イングランド銀行(英中央銀行)の金融 政策委員会(MPC)が9日に政策金利を過去最低に据え置くとの観 測が強まった。

NIESRが8日に電子メールで公表した資料によると、6- 8月期の国内総生産(GDP)は0.7%増加した。4-7月期は

1.3%増だった。

NIESRは「成長率は今後数カ月にわたって低下していくだろ う」との見方を示し、「最近の数値は、MPCが来年夏まで利上げを実 施しないとのわれわれの見方を変更するものではない」と言及した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では、イ ングランド銀が政策金利を過去最低の0.5%に据え置き、資産買い取 り計画を2000億ポンド(約26兆円)に維持すると見込まれている。 同中銀はロンドン時間9日正午(日本時間午後8時)に金融政策を公 表する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE