カナダ中銀、政策金利1%に引き上げ-回復は一段と減速へ

カナダ銀行(中央銀行)は8日、政 策金利を従来の0.75%から1%に引き上げた。その上で、米景気見通 しの弱まりを背景にカナダの景気回復ペースは従来予想よりも減速する との見通しを示した。

ブルームバーグが実施した調査ではエコノミスト20人のうち 14人が利上げを予想していた。

カナダ銀行は8日発表の声明で、米景気見通しの弱さを反映し、 「今の時点では国内景気の回復は7月の予想よりも若干、緩やかに進行 すると予想している」と指摘した。さらに「緩和的な金融政策の一段の 解除は、景気見通しをめぐる異例な不透明感をみながら慎重に判断する 必要があるだろう」と続けた。