グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数はほぼ1カ月ぶりの大幅安 となった。英携帯電話会社ボーダフォン・グループによる持ち株売 却を受けてチャイナ・モバイル(中国移動)が下落。中国政府が不 動産市場に新規制を導入するとの観測から不動産株も売られた。

時価総額で世界最大の電話会社、チャイナ・モバイル(941 HK) は3.8%下落。中国政府系のチャイナ・リソーシズランド(華潤置 地、1109 HK)は1.4%下げた。英HSBCホールディングスが出 資する交通銀行(3328 HK)は2%安と銀行株の下げをけん引。モ ルガン・スタンレーは、中国当局が各行に貸倒引当金の積み増しを 義務付けるという報道が中規模行にとってマイナス要因になると 指摘した。

時価総額でアジア最大の会社、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)や中国最大の保険会社、中国人寿保険(2628 HK)も値下が りした。

ハンセン指数は前日比312.93ポイント(1.5%)安の

21088.86で終了。先月10日以来の大幅安となった。ハンセン中 国企業株(H株)指数は前日比1.5%安の11776.72。

シンダ・インターナショナル・ホールディングスの調査ディレ クター、キャスター・パン氏(香港在勤)は「市場はまだ値固めが 十分でない」と指摘。「銀行の上昇見通しは押さえられている。貸 倒引当金の積み増し義務で潜在的に引き当てが増える可能性を懸 念しており、銀行の通期決算ではサプライズがあるかもしれない」 と語った。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は4カ月ぶりの高値から値 下がりした。住宅価格バブルを回避するため、中国政府が規制を強 化するとの観測が高まった。

中国最大の上場不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は 2週間ぶりの大幅安。中国紙の21世紀経済報道が、政府による新 たな規制に不動産開発業者への融資の停止が含まれる可能性があ ると報じたことや、シティグループが追加措置の「可能性は極めて 高い」と指摘したことが売り材料となった。英銀HSBCホールデ ィングスの香港部門が出資する興業銀行(601166 CH)は3.6%、 招商銀行(600036 CH)は2%それぞれ下げた。

一方、鉱業株がチャルコ(中国アルミ、601600 CH)を中心 に上昇。エネルギー消費削減を目的とした減産措置により金属価格 が押し上げられるとの観測が手掛かりとなった。国内最大の自動車 メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)も上 げた。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「中国 政府当局は、引き締め策の第一弾で不動産価格の押し下げ目標を達 成することができなかった」と述べた上で、「現在の不動産市場の 回復を受けて、不動産税など一段と厳しい措置が導入されるとの観 測が広がっている」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連 動する上海総合指数は前日比3.07ポイント(0.1%)安の2695.29 で終了。前日は5月12日以来の高値で引けていた。上海、深セン 両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.1%安の

2980.97。

【インド株式市況】

インド株式相場は3日続伸。指標のセンセックス30種株価指 数は2年8カ月ぶりの高値で引けた。国内の景気拡大から恩恵を受 ける公算が大きい銘柄への買いが膨らんだ。

インド最大のセメントメーカー、ACCは建材の値上がりを手 掛かりに続伸。時価総額でインド製薬最大手のサン・ファーマシュ ーティカル・インダストリーズも高い。イスラエルの最高裁判所が 同社によるターロ・ファーマシューティカル・インダストリーズの 株式買い増しを認める判決を下したことが好感された。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比21.65ポイ ント(0.1%)高の18666.71と、2008年1月以来の高値で終了。

ACC(ACC IN)の終値は3.3%高の993.35ルピーと、3 月12日以来の高値を付けた。サン・ファーマシューティカル(SUNP IN)は1.8%上げ1753.85ルピー。ここ3週間で最大の値上がり。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比36.0ポイント(0.8%)安の4537.2。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比8.52ポイント(0.5%)安の

1779.22。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比33.09ポイント(0.4%)安の7851.31。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比24.67ポイント(0.8%)安の3011.42。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比0.13ポイン ト安の1434.14。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比0.01ポイント安の923.88。

【インドネシア株式市況】

8-14日のインドネシア株式市場は休場。取引は15日に再開 される。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比29.31ポイント(0.8%)高の

3804.73。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE