ゴールドマン:ギリシャ30年債の買い推奨-当局支援で保有リスク低下

ゴールドマン・サックス・グルー プは、欧州連合(EU)と中央銀行の支援により国債保有リスクが低下 したとし、ギリシャ30年債の買いを勧めた。

ゴールドマンのアナリスト、マイケル・バクニン氏(ロンドン在 勤)は8日付の調査リポートで、「欧州中央銀行(ECB)がリファイ ナンスオペを当面は続けることで」、国債取引の魅力は「高い状態が続 く」と指摘した。ただ、「動きが激しい時があるかもしれない」と続け た。

同リポートによると、ゴールドマンは3日からこの取引を推奨し ている。

ロンドン時間午後零時32分現在、ギリシャ30年債(2040年 9月償還)は下落。利回りは3ベーシスポイント (bp、1bp=

0.01%)上昇の9.36%。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Paul Dobson in London at +44-20-7673-2041 or pdobson2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Daniel Tilles at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE