独VW監査役会、ウィンターコーンCEOの任期延長へ-労組代表

欧州最大の自動車メーカー、独フォ ルクスワーゲン(VW)の監査役会は、同社のマーティン・ウィンタ ーコーン最高経営責任者(CEO)の任期を延長する方針だ。労組代 表のベルント・オスターロウ氏が明らかにした。

監査役会メンバーのオスターロウ氏は8日、同社のウォルフスブル ク本社で従業員に向け、「監査役会はウィンターコーンCEOの任期 をさらに数年間延長することを望んでいる」と表明。「CEOはあらゆ る面で会社を発展させた」と語った。

同CEOは、VWの高級車部門アウディのCEOから2007年1月 にVWのCEOに就任。独企業のCEOの任期は通常5年で、任期終 了の約1年前に監査役会が延長の是非を判断する。