中国株(終了):下落、銀行株に売り-不動産への新規制導入を懸念

中国株式相場は下落。上海総合指数 は4カ月ぶりの高値から値下がりした。住宅価格バブルを回避するた め、中国政府が規制を強化するとの観測が高まった。

中国最大の上場不動産開発会社、万科企業(000002 CH)は2週 間ぶりの大幅安。中国紙の21世紀経済報道が、政府による新たな規制 に不動産開発業者への融資の停止が含まれる可能性があると報じたこと や、シティグループが追加措置の「可能性は極めて高い」と指摘したこ とが売り材料となった。英銀HSBCホールディングスの香港部門が出 資する興業銀行(601166 CH)は3.6%、招商銀行(600036 CH)は 2%それぞれ下げた。

一方、鉱業株がチャルコ(中国アルミ、601600 CH)を中心に上昇。 エネルギー消費削減を目的とした減産措置により金属価格が押し上げ られるとの観測が手掛かりとなった。国内最大の自動車メーカー、上 海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)も上げた。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏(上海在勤)は「中国政 府当局は、引き締め策の第一弾で不動産価格の押し下げ目標を達成す ることができなかった」と述べた上で、「現在の不動産市場の回復を受 けて、不動産税など一段と厳しい措置が導入されるとの観測が広がっ ている」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比3.07ポイント(0.1%)安の2695.29で終了。 前日は5月12日以来の高値で引けていた。上海、深セン両証取のA株 に連動するCSI300指数は前日比0.1%安の2980.97。

--Zhang Shidong. Editors: Allen Wan, Richard Frost

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-7014 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Reinie Booysen at +65-6212-1154 or rbooysen@bloomberg.net