中国は年内に預金準備率を引き下げも、中国科学院研究者-経済日報

中国人民銀行(中央銀行)は今年7 -12月(下期)に預金準備率を引き下げるとともに、融資政策を緩和 する可能性がある。中国紙の経済日報(オンライン版)が8日、中国 科学院の研究者の揚暁光氏の話を引用して伝えた。

それによると、揚氏は中国の経済成長が今年は約9.7%に達して 二番底に陥る可能性は極めて小さいと分析した。同氏はまた、中国の 貿易黒字が2010年に1700億ドル(約14兆円)を超える見込みだとし たほか、消費者物価指数は7-9月(第3四半期)にピークを付けた 後、今年は通年で約2.7%上昇となるとの見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo  +81-3-3201-7499

kshugo@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-10-6649-7565 or jliu42@bloomberg.net