マイクロソフト:手ぶらでゲームできる機器を11月20日発売

米マイクロソフト日本法人は、手ぶ らで同社のゲーム機「Xbox360」を遊べる入力機器「キネクト」を 11月20日に国内発売すると発表した。価格は入門用ソフト付きで税込 み1万4800円。ゲーム機とのセット販売も行う。

キネクトはセンサーを内蔵した、横に細長い機器。本体前面に配置 したカメラやマイクでプレーヤーの動きや音声を認識してゲームに反 映させるため、コントローラを持たなくてもプレイが可能。マイクロソ フトは6月に、北米で11月4日に発売すると発表していたが、日本で の発売予定は未定だった。

発売に合わせて同法人を含む6社が来年初頭までに、専用ソフトを 計10本発売する。販売元はコナミやバンダイナムコゲームス、セガな ど。バンダイナムコの「体で答える新しい脳トレ」は、手足などの動き を基に自身の「脳年齢」を測定できる。

ゲーム機大手では任天堂が、プレーヤーが手に持って直観的な操作 ができるモーションコントローラを家庭用ゲーム機「Wii」で採用。 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)も「プレイステー ション3」 専用のモーションコントローラの今秋発売を発表済みで、 日本では10月21日に投入を予定している。