中国の揚子江船業:台湾市場に上場-預託証券は公開価格比6.9%高

中国企業として初めて台湾市場に 新規上場した造船会社の揚子江船業は、取引初日の8日、台湾預託 証券(TDR)が新規株式公開(IPO)価格に対し6.9%上昇し た。

同社のTDRは、公開価格18.80台湾ドルに対し20.10台湾ド ルまで上昇。指標の加権指数は前日比で下げている。

アバディーン・アセット・マネジメントで日本を除くアジア太 平洋地域を対象に500億ドル(約4兆1700億円)の運用に携わるニ コラス・イェオ氏は「TDRを発行した初の中国企業という目新し さから、 揚子江船業は恩恵を受ける」と指摘。「中台関係の改善が 進む中、投資家は中国のテーマ株に関心を持っている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE