人民元:2週間ぶり大幅安、上昇加速観測が後退-政府の外圧けん制で

中国人民元は8日、2週間ぶり 大幅安となっている。中国の為替政策が外圧に影響されることはな いと政府が言明したことで、元の上昇ペース加速が容認されるとの 楽観的観測が後退した。

中国外務省の姜瑜報道官は7日、中国の人民元政策を「外圧」 によって変えることはできないと表明。一段と弾力的な為替相場と いう目標に向けて進む中で、元相場は「基本的には安定的に」推移 しようと指摘した。

中国5位の銀行、交通銀行の香港支店のアナリスト、劉鑫氏は 「姜報道官の発言は、政府が恐らく急速な上昇を容認しないことを 示唆している」と説明した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元の現物 相場は上海時間午前10時46分(日本時間同11時46分)現在、前 日比0.08%安の1ドル=6.7971元と、8月23日以来最大の下げ。 2年間にわたる元をドルに事実上固定する措置が解除された6月19 日からは0.4%上昇している。中国の陳徳銘商務相は8日、元相場の 変動は現在、通常のレンジ内の動きだと語った。

--Judy Chen. Editors: James Regan, Andrew Janes

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or xchen45@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net

%CNY