政府:中国漁船船長を逮捕-尖閣沖での巡視船との接触事件

海上保安庁は8日未明、中国漁船が 同庁の巡視船と尖閣諸島付近の東シナ海で接触した事件をめぐり、漁 船の船長を公務執行妨害の疑いで逮捕した。仙谷由人官房長官が8日 午前の会見で明らかにした。仙谷氏によると、中国側は日本に抗議し、 船長の釈放を要求しているという。

尖閣諸島は日本が実効支配しているが、中国も領有権を主張して いる。仙谷氏は尖閣諸島に対する日本政府の見解について「そもそも 尖閣諸島問題については領土問題は存在しないというのが日本の立場 で、日本の国内法で対処していく」と強調。今後の日中関係に関して は「影響が出るとは考えていない。ここは日本の国内もヒートアップ しないで冷静に対処していくことが必要」との認識を示した。

仙谷氏によると、船長は、同漁船への立ち入り検査を実施するた めに停船を命じて追跡をしていた海上保安庁の巡視船「みずき」に漁 船を衝突させるなどして海上保安官の職務の執行を妨害した。