ギリシャの労働市場、10-12月は前期比5%縮小か-マンパワー調査

ギリシャの雇用主は、国内労働 市場が製造業・商業の雇用削減などに伴い10-12月(第4四半期) に前期比5%縮小すると見込んでいると、米人材派遣会社マンパワ ーのギリシャ部門が調査結果を発表した。

マンパワーのウェブサイトに7日掲載された同調査によると、 卸売りと小売業の雇用主は10-12月期に雇用者数が21%減少する と予想。製造業の雇用主は17%減、レストランとホテルのオーナー は14%減を見込んでいる。

ギリシャ国家統計局の最新データによれば、欧州連合(EU) で2番目の規模の財政赤字の削減に向け同国が増税や歳出カットを 推し進めるなか、同国経済は4-6月(第2四半期)に7四半期連 続のマイナス成長となり、失業率は5月に12%に上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE