アジア株:下落、円高進行で日本の成長に懸念広がる-輸出株が安い

8日のアジア株式相場は下落。一 段の円高進行で日本の経済成長が損なわれるとの懸念を受けて、MS CIアジア太平洋指数は続落している。

海外での売上高が8割を上回るキヤノンや、北米で売り上げ全体 の46%を稼ぐホンダが売られている。世界最大の鉱山会社、英・オ ーストラリア系のBHPビリトンは1.3%安。商品価格の値下がりを 嫌気した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時56分現在、前日 比0.7%安の120.97。0.1%安だった前日から下げを拡大している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE