クレディS:ドイツ証の深谷氏採用、外国為替調査部トップに

クレディ・スイス証券は8日付で元 ドイツ証券の深谷幸司氏を採用した。ブルームバーグが入手した資料 によると、同社は8日付で外国為替調査部を新設。深谷氏を同部長兼 チーフ通貨ストラテジストに迎え、日本における外国為替事業のさら なる拡充を狙う。

深谷氏(48)は外国為替相場やマクロ経済分析に関する有力アナ スト。ユーロマネー誌の日本語版東京外国為替市場調査では、2000年 から5年連続で顧客投票・長期予測部門1位を獲得した。10年の日経 ヴェリタス「アナリストランキング」では、金利・為替アナリスト部 門で9位にランクインしている。

クレディ・スイスは、深谷氏の採用について「日本および世界で 金利・外国為替事業を拡大し、フロー中心業務を強化する戦略の一環」 と説明。武上大成債券本部長は、深谷氏が「世界トップレベル外国為 替業者としてのクレディ・スイスの地位強化に向け、外国為替営業部 門とともに尽力する」とコメントしている。

深谷氏はブルームバーグ・ニュースに対し、今回の移籍について 「自らの円相場見通しをハウスビューとして海外へ発信し、円相場形 成に寄与するとともに、クレディ・スイスのネットワークを活かした 今まで以上にグローバルな情報・分析により、国内の企業・投資家の ニーズに応えるため」と説明した。

深谷氏は1984年に東京大学法学部を卒業後、三菱銀行(現三菱東 京UFJ銀行)に入行。企業取引や円債券ディーリング、外国為替取 引の営業を担当した後、95年から為替資金部でアナリスト業務に従事 した。97年からチーフアナリスト、2004年7月からは経済調査室でチ ーフエコノミストを歴任。07年1月にはドイツ銀行グループに移籍し、 ドイツ証券のシニア為替ストラテジストを務めた。