深海掘削禁止の反対派:米政府の新たな凍結措置は違法-地裁に訴え

米政府が決定した深海石油・ガス 掘削禁止措置の反対派が7日、連邦地裁判事に対し、政府が命じた新た な凍結措置は違法と判断するよう求める訴えを起こした。裁判所の資料 で明らかになった。

ニューオーリンズの連邦地裁のマーティン・フェルドマン判事は6 月22日、英BPの油井での原油流出事故を受けて政府が命じた深海掘 削の半年間の停止措置について、広範囲に及び過ぎるとして解除する判 断を命令した。サラザール内務長官は7月12日、この措置の代替とな る新たな掘削凍結措置を発表した。

米ホーンベック・オフショア・サービシズなどの油田サービス会社 は7日提出した訴状で、新たな措置は掘削停止解除を命じたフェルドマ ン判事の決定に違反すると主張。同判事に対し、新たな掘削凍結措置の 実施を禁止するとともに22日に審理を行うよう求めている。

ホーンベックの代理人弁護士らは7日、7月に発表された凍結措置 について、「異なる外観によってすべての深海掘削の禁止を継続するも のであり、暫定的な差し止め命令に違反する」としている。掘削禁止は 深さ500フィート(約152メートル)以上の連邦大陸棚(OCS)を 対象とする。また、フェルドマン判事が6月に最初の掘削停止措置の解 除を命じた「にもかかわらず」すべての掘削作業が停止されていると指 摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE