米グーグルCEO:ウェブTVサービスを世界で提供へ-来年に

インターネット検索世界最大手、米 グーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は、同社 がウェブTVサービスの提供を来年、米国から世界に拡大する計画だ と語った。

グーグルは既にソニーと、今年の秋に米国でウェブTVを立ち上 げることで合意している。テレビ製造で世界最大手、韓国のサムスン 電子は7日、映画やテレビ番組、オンラインゲームにアクセス可能な テレビ市場でソニーやアップルに対抗するため、グーグルのウェブT Vの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を自社テレビに採用する可能 性があると発表した。シュミットCEOは、他にどのテレビメーカー がグーグルのウェブTVを採用するかについては明らかにしなかった。

シュミットCEOは、ベルリンで開催されている国際家電市「I FA」での記者説明会で、「われわれは各社が発表するのを待つ」とし た上で、「他のテレビメーカーは喜んでこれを採用すると考えていいだ ろう。無料だからだ」と語った。

グーグルはインターネット以外の分野への進出を図っており、携 帯電話向けOSアンドロイドを皮切りに、今年は「グーグルTV」を 発表。新製品のユーザー向けのサービス提供は、収益を検索広告に依 存する度合いの軽減につながる可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE