NY金:終値は過去最高の1259.30ドル、景気低迷による株安で

ニューヨーク金先物相場は上昇。株 安で代替投資先としての金の需要が高まり、終値ベースではオンス当た り1259.30ドルと、過去最高値に達した。

日中の取引では1261.60の高値に上昇。世界経済が低迷するとの 不安から、アジアと欧米で株が下げたことが背景にある。ユーロはドル に対して一時1.4%下落。ドイツ銀行協会は、ドイツ銀行やコメルツ銀 行を含む独銀大手10行が自己資本比率の新基準導入に伴い増資が必要 になる可能性があると指摘した。

リンド・ウォルドックの市場担当シニアストラテジスト、アダム・ クロプフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は、「株式市場の軟調に伴い、 金が勢いを強めている」と指摘。「投資家は株の下落に対する保護を求 めている。安全への逃避先として金の買いが増えてきた」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相 場12月限は前日比8.20ドル(0.7%)高の1オンス=1259.30 ドル で取引を終了。終値ベースでは、前回の高値は6月18日に付けた

1258.30ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE