スティグリッツ氏:欧州の緊縮財政は誤り-成長鈍化につながる

米コロンビア大学教授でノーベル経 済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツ氏は、世界的なリセッション (景気後退)の後で欧州各国政府が緊縮財政を推し進めていることにつ いて、「誤った政策」だと指摘し、欧州域内と米国の経済成長鈍化につ ながるとの見方を示した。

スティグリッツ氏は7日、ブダペストで記者団に対し、「欧州は緊 縮財政という誤った政策を取っている」と言及。ドイツや英国、フラン スが予算削減への取り組みを続けた場合、「欧州全体にシステミックな 影響が及ぶ」と述べた。

スティグリッツ氏は先月24日、アイルランドのラジオ局RTEと のインタビューで、欧州では各国政府が財政赤字削減のため歳出カット を進めていることから、域内経済がリセッション(景気後退)に逆戻り するリスクがあるとの見解を示していた。

同氏はこの日、「欧州経済が減速するということは、米国の輸出が 減り、輸出主導による米経済の回復が弱まるということだ」と説明。 「米国と欧州の成長が、失業率の押し下げに必要な水準を大きく下回る 兆候は確実に見られている」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE