モルガンS:ドルの対ユーロ予想下方修正-米追加金融緩和見込む

米モルガン・スタンレーは、連 邦準備制度理事会(FRB)が一段の金融緩和策を講じる可能性が 強まったとの見方を理由に、ドルの対ユーロでの相場見通しを引き 下げた。

スティーブン・ハル氏(ロンドン在勤)率いるアナリストらは、 7日発表の調査リポートで、年末のユーロ・ドル相場予想について 1ユーロ=1.36ドルと、従来予想から上方修正した。2011年第 1四半期は1.32ドル、第2四半期1.28ドル、第3四半期1.26 ドル、4四半期1.24ドルとされた。

ブルームバーグのデータによると、同銀の従来予想ではユーロ はドルに対して今年末に1ユーロ=1.16ドル、2011年第1-2 四半期は1.12ドル、第3および第4四半期はそれぞれ1.14ドル と1.17ドルだった。

ハル氏は「米金融当局が一段の緩和策を講じた場合、主にユー ロにとって有利に働くだろう。資源国通貨や国内のバランスシート が健全な国の通貨はすでに非常に割高だ」と指摘した。

ロンドン時間午後3時51分現在、ユーロは対ドルで1.1%下 げて1ユーロ=1.2735ドル。

-- Editors:

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Matthew Brown in London at +44-20-3216-4059 or mbrown42@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Keith Campbell at +44-20-7073-3829 or k.campbell@bloomberg.net