欧州銀行債の保証コスト、1カ月で最大の上昇-規制と国債リスク懸念

7日のクレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)市場で欧州の金融機関が発行した債券の保証コ ストが過去1カ月で最大の上昇となった。銀行に対する資本規制の 強化や、金融機関が保有する一部国債に絡む損失が回復を危うくす るとの懸念の高まりを反映した。

JPモルガン・チェースによると、欧州の銀行・保険25社の 優先債のCDSスプレッドで構成するマークイットiTraxx 金融指数はロンドン時間午前11時(日本時間午後7時)現在、前 日比6.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し136 bp。欧州の国債の保証コストも上昇した。

バーゼル銀行監督委員会はこの日の会合で、銀行の自己資本比 率の最低限度引き上げを提案する見込み。投資家は規制強化が銀行 の融資余力を低下させると懸念している。また、ブルームバーグの 調査によると、欧州の主要金融機関のギリシャ、ポルトガル、スペ イン国債保有高は1340億ユーロ余り(約14兆3200億円)に上 る。