中国:10年経済成長率は10.6%に低下も、輸出減少で-国務院研究員

中国の経済成長率は、国内向け政 策に大きな変更がなく、また米国や欧州、日本からの中国製品に対 する需要が減少した場合、今年10.6%となった後、2011年には

10.2%に低下する可能性がある。中国国務院(内閣に相当)の発展 研究センターの研究員らが、8月の国内誌「中国改革」への寄稿で 指摘した。

同研究センターの李建偉研究員と余斌研究員は同誌で、輸出需 要が急激に減少するとともに人民元が上昇した場合には、経済成長 率は今年9.8%、来年が8.4%に落ち込む可能性があるとの見方を 示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Bloomberg News at +86-21-6104-7024 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE