米ウォルマート:中国の商品供給業者の工場、安全面に問題

世界最大の小売りチェーン、米ウォ ルマート・ストアーズは、同社に家電製品を供給している中国のメーカ ー、広東徳豪潤達電気の本土工場で労働環境に安全面の問題が見つかっ たと明らかにした。

徳豪潤達は、赤外線検出器などの安全強化対策が取られるまでは、 危険性の高い生産装置の稼働を停止する。同社広報担当のケビン・ガ ードナー氏が7日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(S CMP)の報道内容を確認し、電子メールで明らかにした。

労働環境改善のロビー活動を行っている香港の団体SACOMは 先月、徳豪潤達の安全対策不足が危険な労働環境につながり、労働者 がけがを負ったと指摘していた。同社は、コーヒーメーカーやミキサ ー、フードプロセッサーなどの家電製品を生産している。

SCMPによると、ウォルマートは、中国南部・広東省珠海にあ る徳豪潤達の工場を抜き打ち検査し、労働者のけがの事例を55件特定 したという。

徳豪潤達の珠海本社への電話取材に対する応答はなかった。

深セン証券取引所で同社株価は午前11時半(日本時間午後零時半) 現在、前日比1.4%安の20.03元。年初からの騰落率はプラス17%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE