中国工業生産の伸び一段と鈍化へ、下期は10%-工業情報省

中国の7月の工業生産が11カ月ぶ りの小幅な伸びとなったことを受け、同国工業情報省は7日、工業生 産の増加ペースは今後も一段と鈍化するとの見通しを示した。

同省は北京での記者向け説明会で、7-12月(下期)の工業生産 の伸びは、前年同期比で約10%にとどまるとの予想を示した。7月は 前年同月比13.4%増と、春節(旧正月)の影響を除いたベースで11 カ月ぶりの低い伸びにとどまった。1-6月(上期)は平均で17.6% 増。来週には8月分が公表される。

同省で運用監視・調整部門の責任者を務める辛国斌氏は、「経済成 長は一段と鈍化するだろう」と発言。工業生産の伸び減速の理由とし て、不動産やエネルギー分野の抑制策、不透明な輸出見通し、比較対 象の数値が相対的に高いことを挙げた。

辛氏はその上で、中国経済は引き続き着実に伸びており、「二番 底」に陥るリスクはないとの見解を示した。同氏によると、工業生産 の通年の伸び率は13%となる見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE