サムスン電子:テレビにアンドロイド搭載も-ソニーやアップルに対抗

テレビ製造で世界最大手、韓国の サムスン電子は、グーグルの基本ソフトOS「アンドロイド」を自社 テレビに採用する可能性がある。映画やテレビ番組、オンラインゲー ムにアクセス可能なテレビ市場でソニーやアップルに挑む構えだ。

サムスンのテレビ事業部門責任者、尹富根(ユン・ブグン)氏は7 日、ソウルで記者団に対し、グーグルのアンドロイドを採用するかど うについて「様子を見極める必要があるが、現在、調査を行っている」 と述べた。韓国の映画、テレビ局、音楽会社がグーグルと協力するかど うかが重要な問題だと付け加えた。

サムスンのテレビ市場での首位が脅威にさらされる可能性がある。 視聴者が、ビデオゲームに加え、天気予報からテニスラケットのガッ ト強度を計測するプログラムを第三者から購入することが可能なテレ ビを求めているためだ。アップルは、オンライン経由で音楽やゲーム などを購入し整理することができる「iTunes(アイチューン ズ)」を通じて音楽プレーヤーや携帯電話市場でのシェアを高め、こ の事業モデルをテレビにも拡大している。

グーグルはアップルに間接的に挑戦している。ソニーとインテル が開発中の「グーグルTV」用OSとしてアンドロイドを開発してい るためだ。アンドロイドは当初、携帯端末向けOSとして開発された。

アップルは今月初め、オンライン経由で映画やテレビ番組をレン タルできるセットトップボックス(STB)の「アップルTV」を 99ドル(約8310円)で発売する計画を明らかにした。ソニーは5月 に、グーグルと提携し動画や音楽などをオンラインから取り込めるテレ ビの試作品を発表した。クリスマスまでに店頭に並ぶ見通しという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE