新興市場の成長は強く勢いづいている、先進国が鈍化でも-BOA

米国を中心に先進国の成長ペース が鈍化しつつあっても、新興市場の成長見通しはなお「力強い」と、米 バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチが6日に電子メールで 送付したリポートで指摘した。

BOAは「先進国の成長鈍化は続いているが、新興市場は強く勢い づいていることが最近のデータで示唆されている」と指摘。「米金利が ゼロ付近にとどまっているほか、新たな量的緩和が実施される可能性も 高まっており、新興市場への堅調な資金フローが予想される。これは流 動性拡大や通貨上昇、国内の資産価格の押し上げにつながる」との見方 を示した。

また、米国がリセッション(景気後退)に陥る確率を25%と想定 しても、来年の新興市場の成長率が6.1%に達するとの見方を据え置い た。世界の成長率予測は4%としている。

BOAのエコノミストらは、米国がくしゃみをすれば、「世界が ハンカチを差し出す」と例えた。新興市場にとって中国やインドの「安 定しつつある役割」や内需が追い風になるとも分析している。

同社は「力強い内需は、アジアが今後の景気減速を乗り切る助けと なろう」と指摘し、「中南米も同様の状況になる見込みだ。米景気減速 による東欧への影響は軽微にとどまる公算が大きい」と説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Agnes Lovasz at +44-20-7330-7614 or alovasz@bloomberg.net