サイバーA株は6月来高値、中国大手ネットゲーム傘下と提携の報道

インターネットを利用した広告、メ ディアなどを手掛けるサイバーエージェント株が一時、前日比2.1% 高の15万600円と3日続伸。6月2日(15万1300円)以来、約3カ 月ぶりの高値を付けた。中国オンラインゲーム大手の在米子会社と提 携する、と7日付の日本経済新聞朝刊が報道。提携による事業拡大を 見込む買いが優勢になった。

報道によると、サイバーAは中国オンラインゲーム大手の盛大遊 戯傘下で、米シリコンバレーに本拠を置くモチメディア社運営のゲー ム配信サービスに仮想空間サービス「アメーバピコ」を提供、仮想空 間内でのアイテムの販売から収益を得る。モチメディア社は複数のゲ ームを束ねて提供するサービスを展開、月間利用者数は1億4000万人 程度という。

サイバーA・アメーバプロモーション室の真下紗枝氏によると、 「提携したことは事実だが、正式なリリースは今週末を予定している」 という。また同氏は、提携の意義について「いろいろなサービスと提 携することで、アメーバピコの会員の活性化と新規会員の獲得を目指 す」と述べ、中国系サイトでの展開に関しては「ゆくゆくは考えてい くが、すぐに考えていることではない」とした。

8月25日付のリリースによると、サイバーAはアメーバピコのサ ービスを3月8日に開始し、8月25日には会員数が200万人を突破し た。世界最大のSNSサイト「Facebook」にもアプリとして提供し、 米国やアジアを中心に会員数を伸ばしている。