英バークレイズ:次期CEOにダイアモンド氏起用へ-関係者

英銀3位のバークレイズが、 ジョン・バーリー最高経営責任者(CEO、54)の後任にロバート・ ダイアモンド社長(59)を指名することが、事情に詳しい関係者1人 の話で分かった。

早ければ7日に発表される可能性がある。未公表であることを理 由に同関係者が匿名を条件に明らかにした。ダイアモンド氏は、同行 の投資銀行部門バークレイズ・キャピタルの指揮を執っている。

米マサチューセッツ州生まれのダイアモンド氏は、2008年にリー マン・ブラザーズ・ホールディングスの米国部門を買収するなど、投 資銀行事業を拡大に導いてきた。バークレイズ・キャピタルの昨年の 総収入はバークレイズ全体(291億ポンド=約3兆7700億円)の40% を占めた。

豪ニューサウスウェールズ大学のオーストラリアン・スクール・ オブ・ビジネスのピーター・スワン教授(金融)は、ダイアモンド氏 について「長年にわたりバークレイズの事実上のトップだった。公式 なタイトルを付与することは理にかなっている」と指摘した。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は6日、バーリ ーCEOが取締役会に退任の意向を伝えたと報じていた。バークレイ ズの広報担当マイケル・オルーニー氏(ニューヨーク在勤)は、コメ ントできないとしている。

バークレイズ・キャピタルの昨年の総収入は116億ポンドと、08 年の52億ポンドから増加。ブルームバーグの集計データによると、今 年の株式引き受けランキングはアジア太平洋地域で13位と、昨年の 17位を上回っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE