米エアープロダクツ、エアガスへの買収提示額を55億ドルに引き上げ

工業用ガスの米エアープロダクツ・ アンド・ケミカルズは、同業の米エアガスに対する買収提示額を55 億ドル(約4630億円)に3%引き上げた。エアープロダクツは、エア ガスの株主が来週の株主総会でこの提案を支持しなければ、買収を断 念する考えを示している。

エアープロダクツの6日の発表資料によれば、同社は買収提示額 を1株当たり現金65.50ドルと、7月時点の63.50ドルから引き上げ た。エアガスの株主に対して、15日に開かれる年次株主総会でエアー プロダクツが推す候補3人を取締役に選出し、内規の変更を承認する よう求めている。

エアープロダクツのジョン・マクグレード最高経営責任者(CE O)は発表資料で、「エアガスの株主が3人の候補者を選ばず、わが 社の提案のすべてを受け入れなければ、現時点でエアガスの身売り を望んでいないと結論付ける」と表明した。2月に1株当たり60ドル の買収案を公表して以後、同CEOが提示額を引き上げるのはこれで 2度目だ。

エアガスは発表文で、エアープロダクツの最新の提案を検討する 意向を示した。これまでの提案は安過ぎるとしてすべて拒否してい た。