日本株5日ぶり反落、円高警戒で輸出中心売り-連騰反動も

東京株式相場は5営業日ぶりに反落 した。為替市場での円高進行による業績不透明感やデフレへの警戒から 自動車や電機など輸出関連株中心に下げた。前日までの連騰期間中に上 昇が目立っていたゴム製品や非鉄金属株も売り対象となり、両業種は東 証1部33業種の下落率1、2位。

日経平均株価の終値は前日比75円32銭(0.8%)安の9226円、T OPIXは3.79ポイント(0.5%)安の834.92。

ミョウジョウ・アセット・マネジメントの露久保裕道ディレクター は、「為替介入がなければ、米景気減速などに伴う円高基調は変わらな いだろう。円高は輸出企業の収益を圧迫するだけでなく、輸入物価を通 じたデフレ圧力の強まりにつながる」と指摘。円高にピリオドを打つた め、「政策の強烈なメッセージが必要な時期に来ている」と言う。

オバマ米大統領が6日に発表した全米規模の輸送インフラ整備6カ 年計画などへの期待感から、一時下げ渋る場面もあったきょうの日本株 だが、今晩の米国株動向を占う24時間取引のGLOBEX(シカゴ先 物取引システム)米S&P500種指数先物が午後に基準価格比マイナス に沈むなど、反応は鈍かった。一方、為替市場ではじりじりと円高が進 み、先行き警戒感が株価指数の連騰をストップさせた。

東京株式市場の通常取引時間中にドル・円レートは1ドル=84円 5銭、ユーロ・円は107円56銭まであり、きのうの東京株式市場の通 常取引終了時点から円高が進んだ。また、欧州連合による銀行のストレ ステスト(健全性審査)で、一部の金融機関の国債保有が少なく評価さ れていた、と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報道。 欧州金融問題への根強い警戒によるリスク回避から、円は買われやすく なっている。

なお、野村証券金融市場調査部は6日、米国・世界経済が「異例な ほど不確実」になると一層確実になるのは円高だとし、2011年3月末 の為替予想を1ドル=85円から80円に改定した。

自動車弱い、円高と補助金打ち切り観測

TOPIX下落寄与度、東証33業種の下落率で上位だった輸送用 機器株については、為替レートの前提を1ドル=90円から85円などへ の円高変更を理由にドイツ証券がトヨタ自動車やホンダ、日産自動車、 スズキ、マツダ、富士重工業などの業績予想をそろって下方修正した。 さらに、予算残額減少によるエコカー補助金制度の打ち切り観測も、読 売新聞など主要各紙で伝えられていた。

また、オバマ大統領の景気対策についても、現在の財政赤字下で 「議会を通るかは不透明だ」と、日産センチュリー証券ディーリング部 の菊池由文部長は見ていた。

日経平均はきのうまでの4連騰で5.4%(477円)上昇と、短期的 に急上昇したため戻り売り圧力も高まりやすかった。4連騰期間中の上 昇率上位10業種に入っていたゴム製品、非鉄金属、海運が安い。7月 の工業生産が11カ月ぶりの小幅な伸びとなったことを受け、中国工業 情報省は7日、工業生産の増加ペースは今後も一段と鈍化する、との見 通しを示している。

鉄鋼株は上昇率1位

東証33業種で下落が28と多いなか、鉄鋼が上昇率1位と健闘。大 和証券キャピタル・マーケッツ金融証券研究所・投資戦略部の西村由美 情報課次長は、「米インフラ整備による鉄鋼需要の拡大期待や、きのう 中国で生産停止による市況高期待から鉄鋼株が上昇したことが要因」と の見方を示した。鉄鋼生産で中国最大の河北省は、地方政府による電力 の供給制限を受け、57の溶鉱炉と生産ラインを4日から停止している。

東証1部の売買高は概算で15億8575万株、売買代金は同1兆39 億円。値上がり銘柄数は458、値下がり銘柄数は1002。

クラリオン値下がり1位、CECは大幅高

個別の材料銘柄では、日経平均株価の構成銘柄入れ替えで除外され るクラリオンが東証1部値下がり率1位。UBS証券が円高影響から業 績予想を下方修正した新光電気工業、ドイツ証券が円高を理由に業績予 想を減額した富士重工業もそろって大幅安。きのうの会社側の決算説明 会を受け、通期業績未達リスクは残ると大和証券CMが指摘したピジョ ンは52週安値を更新した。

半面、2-7月の連結営業利益が従来予想を上回ったもようのシー イーシー、有機ELパネルを用いた3Dテレビによる偏光フィルターの 需要拡大期待から有沢製作所はそれぞれ大幅高。米景気対策への期待か ら、東証1部の値上がり率上位には曙ブレーキ工業や日本信号、日本車 両製造など鉄道関連株が並んだ。自社株買い評価や業績期待から旭ダイ ヤモンド工業は3日続伸。

新興市場は高安まちまち

新興市場は高安まちまち。東証マザーズ指数の終値は前日比0.5% 高の380.22と3連騰、大証ヘラクレス指数は0.2%高の573.80と4連 騰。ジャスダック指数は0.2%安の48.10と反落した。

個別の材料銘柄では、GMOインターネットに対して第三者割当増 資を行うアクロディアが値幅制限いっぱいのストップ高。11年1月期 の配当を積み増す見通し、と7日付の日本経済新聞朝刊が報じたOSG コーポレーションは急伸した。売買代金上位では、メガネスーパー、キ ャンバス、ダイヤモンドダイニングが高い。

半面、成長力回復への道のりは長いとして三菱UFJモルガン・ス タンレー証券が目標株価を引き下げた日本マイクロニクスは反落。売買 代金上位では、デジタルガレージ、サイバーエージェント、セラーテム テクノロジーが安い。

--取材協力:池田亜希子 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net