ブラジル株:上昇、国内経済成長率の見通し引き上げで-レアルも高い

6日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が上昇し、週間ベースで7月以来最大となった先週の 上げを拡大した。エコノミストが国内経済成長率の予想を引き上げた ことが好感された。

牛肉生産で世界最大手のJBSは1.5%高。傘下のピルグリム ズ・プライドがロシアへの輸出を4日に再開すると先週明らかにした ことが買い材料となった。国営石油会社、ブラジル石油公社(ペトロ ブラス)は1%高。株式発行計画を受けて、MSCIブラジル指数へ の同社株のウエートが引き上げられる可能性があるとの報道が手掛か り。

ボベスパ指数は前週末比0.1%高の66747.30。同指数構成銘柄の うち値上がりは33銘柄、値下がりは34銘柄。通貨レアルは0.4% 高の1ドル=1.7263レアル。先週末3日は1.7328レアルだった。

メルカト・ジェスタン・ジ・レクルソスで27億レアル相当の運 用に携わるロニ・ラセルダ氏(リオデジャネイロ在勤)は「国内の原 動力は経済成長と与信拡大という点で引き続き非常に良好だ」と指摘 した。

先週の取引では、増資計画で原油探査計画が進展するとの見方が 強まりペトロブラス株が買われ、ボベスパ指数は週間ベースで1.7% 上昇し、7月以来の大幅上昇となっていた。

ブラジル中央銀行がエコノミスト約100人を対象に3日に実施し この日発表された調査では、今年の国内経済成長率の予想中央値が

7.34%と、前週の7.09%から上方修正された。