9月6日の海外株式・債券・為替・商品市場-米はレーバーデーで休日

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。米国はレーバーデーの休日。外国為替市場は ロンドン時間夕方のもの。

◎ロンドン外為:

ロンドンの外国為替市場では、ドルが高利回り通貨に対して下落。 世界景気の回復継続を示す兆候を手掛かりに株が上昇、安全逃避先とし てのドルへの需要が縮小した。

韓国ウォンとニュージーランド・ドル(NZドル)は主要16通 貨の中で値上がり率トップだった。MSCIアジア太平洋指数が約6 週ぶりの大幅高を記録したのが好感された。今月3日に発表された米 雇用統計では、民間部門の雇用者数が市場予想を上回ったほか、英機 械経営者連盟(EEF)が発表した調査結果では英製造業部門は過去 最大の伸びを記録した。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) のロンドン在勤シニア為替ストラテジストのポール・ロブソン氏は、 「先週発表された経済統計は、世界景気見通しに対し若干の温かい輝 きを与え、それが引き締め政策を採用している国の通貨を押し上げて いる」と述べ、「ドルが資金調達通貨として利用されている」と指摘 した。

ロンドン時間午後4時4分(日本時間7日午前零時4分)現在、 ドルは対NZドルで0.3%安の1NZドル=72.29セント。対韓国ウ ォンでは0.4%下げて1ドル=1170.45ウォン。ドルは対ユーロで は1ユーロ=1.2880ドル(前営業日は1.2896ドル)、対円では1 ドル=84円21銭となっている。前営業日は84円31銭だった。

◎米国株:レーバーデーで休場。

◎米国債:レーバーデーで休場。

◎NY金:レーバーデーで休場。

◎NY原油:レーバーデーで休場。

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇。過去5営業日のうち4日目の値上がりだっ た。英製造業部門の好調な伸びを示した統計を受け、景気回復が停滞 しているとの懸念が一段と緩和され、先週の上昇局面を引き継いだ。

ワイヤレスヘッドセット最大手のデンマーク企業、GNスト ア・ノードは8%高。裁判所がポーランドの電話サービス事業者に対 し、1990年代初めにGNストアが手掛けたサービスの対価として約 22億クローナの支払いを命じたのが手掛かりとなった。ドイツの公 益事業エーオンやRWEも上昇。メルケル独政権が原子力発電所の稼 働年数延長に合意したのが好感された。

ストックス欧州600指数は前営業日比0.2%高の260.94。

アクサ・フラムリントンのグローバル・エクイティ・ポートフ ォリオマネジャー、マーク・ティンカー氏はブルームバーグ・テレビ ジョンに対し、「経済がアルマゲドン(最悪の事態)に直面している わけではないことを市場は認識しなくてはならない」と述べ、「企業 利益は好調で、世界的な成長とともに追い風になっている。株式投資 は非常に説得力のある話だ」と続けた。

英機械経営者連盟(EEF)が英コンサルティング会社BDO ストイ・ヘイワードが6日発表した四半期調査結果によれば、今年9 月までの3カ月間で売り上げが伸びたと答えた英製造業者の数は、売 り上げ減を指摘した製造業者より33%多かった。これは1995年の 調査開始以来で最大。第2四半期は同30%だった。

エーオンとRWEはいずれも1.8%上昇した。

ドイツ与党幹部の協議に参加した自由民主党(FDP)の広報 担当者(エネルギー担当)、クラウス・ブレイル氏は、原発の稼働年 数について1980年以前に建設された7基は当初予定より8年延長、 それ以降に建設された10基は14年延長することで合意したことを 明らかにした。2022年に原発の運転を停止するとしていた当初計画 から、平均で12年間稼働年数が延びることになる。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が4営業日ぶりに上昇した。3週 間ぶり高水準付近にある利回りが投資資金を呼び込んだ。

10年債利回りは3日には2.37%まで上げ、先月19日以来の高 水準を付けた。欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、オース トリア中央銀行のノボトニー総裁はこの日、景気が勢いを増す猶予を 与えるため、ECBが12月までは危機対応緊急措置からの出口戦略 を協議しないだろうと述べた。6日の米国市場はレーバーデーの祝日 のため休場。

BNPパリバ(ロンドン)の金利ストラテジスト、マテオ・レゲ スタ氏は、「前週の売りを経て、相場はやや安定した。ファンダメン タルズ(経済の基礎的諸条件)は変わらず、低成長と低インフレとい う筋書きに変更はない」と述べた。

ロンドン時間午後4時14分現在、10年債利回りは前週末比3 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.34%。同国 債(表面利率2.25%、2020年9月償還)価格は0.215ポイント上 げ99.24。2年債利回りは2bp低下し0.63%となった。

◎英国債市場

英国債相場は上昇。景気鈍化の兆候が強まる中、イングランド銀行 (英中央銀行)が今週の政策決定会合で資産購入計画の拡大を検討する との観測が広がったことが背景にある。

この日発表された8月の英新車登録台数は前年同月比17.5%減 少した。ハリファクスが今週発表する8月の住宅価格は0.5%の下 落が見込まれている。金利先物動向によると、イングランド銀が政策 金利を長期にわたり低水準に維持するとの見方が強まっている。

カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CI BC)のCIBCワールド・マーケッツ部門(ロンドン)外為ストラ テジー、グローバル責任者、ジェレミー・ストレッチ氏は、「イング ランド銀は量的緩和を再び議題に取り上げ、協議くらいはするのでは ないだろうか、そうした機運が少しばかりか高まりそうだ」と述べた。

英国債相場は過去4営業日で3度目の上げとなった。10年債利 回りは前週末比3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下 の2.98%、2年債利回りも3bp低下し0.69%となった。

ブルームバーグがまとめたアナリスト調査によると、イングラン ド銀は政策金利を過去最低の0.5%に据え置き、資産購入規模を 2000億ポンド(約26兆円)に維持する見通し。同中銀は9日に金 融政策を発表する。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net