ユーロ上昇へ、金融政策の相違で対ドル上値抵抗線試しも-コメルツ銀

コメルツ銀行は欧米の金融政策見 通しの違いを理由に、ユーロがドルの主要な上値抵抗線を試す可能性 があるとみている。米連邦準備制度理事会(FRB)が過去最低水準 の政策金利を維持する一方、欧州中央銀行(ECB)が出口戦略を実 行するとの観測が強まっているためという。

ウルリヒ・ロイヒトマン氏率いる同行のアナリストらは6日付の 顧客向けリポートで、「ECBの戦略面での金融政策の目標がFRB とは根本的に違うことが先週あらためて明白になった」と指摘し、 「ECBは危機が終了したとして、物価安定を目指すようになった。 FRBは景気支援と雇用などに焦点を絞り、例外的な金融政策の継続 に力を入れている」と説明した。

アナリストらは、ユーロはドルに対し一段高となり、上値抵抗線 である1ユーロ=1.2960ドルを試すのは「近く視野に入ってくるだ ろう」と述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関する記者への問い合わせ先: Lukanyo Mnyanda in London at +44-20-7330-7273 or lmnyanda@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Keith Campbell at +44-20-7073-3829 or k.campbell@bloomberg.net